TEPPEI STUDIO

ENJOY RESTRICTION

GraphX Advent Calendar - Day 15 - 最短距離計測

f:id:teppei-studio:20100306105411j:plain

GraphX Advent Calendar 2014 - Adventar 15日目です。 Pregel 活用例第3弾です。

頂点と頂点との距離を計測する方法について見ていきます。

考え方

おなじみ、スライド解説です。

実装

// 短い方􏰁距離を選定
def minRouteDepth(v1:(VertexId, Int), v2:(VertexId, Int))  = if(v1._2 < v2._2) v1 else v2

// 頂点毎に持つ、他頂点と􏰁距離情報􏰁集約
def mergeVertexRoute(oldRoute:List[(VertexId, Int)], newRoute:List[(VertexId, Int)])
	= (oldRoute ++ newRoute)
	//頂点Idでグルーピング
	.groupBy(_._1)
	//頂点Idでグルーピングされた中で距離􏰁短い方を選択   
	.map(_._2.reduce((v1, v2) => minRouteDepth(v1, v2)))
	.toList

val graphWithDistance = Pregel(
	// 他頂点􏰁距離􏰁リストを頂点に持たせる
	graph.mapVertices((id:VertexId, attr:Int) => List((id, 0))), List[(VertexId, Int)](), 
	//最初に流すメッセージ空􏰁リスト
	Int.MaxValue,
	// イテレーション回数􏰂指定しない
	EdgeDirection.Out
	// Out方向にメッセージ送信する
)(
	// 各頂点で􏰂送られて来たメッセージ内にある他頂点とそ􏰁距離に対して1を足して行き、 
	// それと自分が持つ情報とを、距離が短い方を選択しつつ集約していく。
	(id, attr, msg) => mergeVertexRoute(attr, msg.map(a=> (a._1, a._2 + 1))),
	edge => {
		// srcが持つ他頂点と􏰁距離リスト􏰁中に、dst􏰁頂点IDがあれ􏰃循環していると判断
		val isCyclic = edge.srcAttr.filter(_._1 == edge.dstId).nonEmpty
		// 循環しているようであれ􏰃、既に距離􏰂計測済みな􏰁で何も送信しない。 
		// さもなけれ􏰃、dstに対してsrcが持つ、他頂点とそ􏰁距離􏰁リストを送る
		if(isCyclic) Iterator.empty
		else Iterator((edge.dstId, edge.srcAttr))
	},
	// 複数􏰁srcから送られて来たリスト􏰂単純合体させる
	(m1, m2) => m1 ++ m2
)    

次回予告

さーて、どんどん難しい実装にチャレンジしていきたいと思います。できるかな〜?(私が)

今日のサンプルコードはこちらです。
graphx-advent-samples/Day15.scala at master · ironpeace/graphx-advent-samples · GitHub