読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEPPEI STUDIO

ENJOY RESTRICTION

wsdl-firstのデプロイと実行

次に、チュートリアルを参考に、単純なWEBサービスを稼働させるサンプルを実行。


JBIコンテナにデプロイする単位は、SA:ServiceAssembly(直訳すると『サービス集合』)というらしい。JavaWEBアプリで言うところの、WARと同じものらしい。

ひとまず、以下のファイルを、

C:\apache-servicemix-3.3\examples\wsdl-first\wsdl-first-sa-3.3.zip

ど〜んと、以下のホットデプロイディレクトリにコピーする。

C:\apache-servicemix-3.3\hotdeploy

それで、自動的にデプロイが始まる。作業はこれだけ。

稼働確認のために、

C:\apache-servicemix-3.3\examples\wsdl-first\client.html

を、開いてみる。この時、IEだと正常に稼働してくれない。FireFoxがオススメ。

「send」ボタンを押して、以下画像のように右側のボックスに結果が出力されればOK。

f:id:teppei-studio:20090603191826j:image


さて、ServiceAssemblyの中身を見ていきましょう。

ホットデプロイディレクトリにコピーしたZIPファイルを解凍。この中で3つのファイルが、ServiceAssemblyのために絶対に必要なファイル。

(1)JBI展開記述子(META-INF/jbi.xml)

中身を見てみると。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<jbi xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/jbi" version="1.0">
  <service-assembly>
    <identification>
      <name>wsdl-first-sa</name>
      <description>ServiceMix :: Samples :: WSDL first :: SA</description>
    </identification>
    <service-unit>
      <identification>
        <name>wsdl-first-jsr181-su</name>
        <description>ServiceMix is an open source ESB based on the Java Business
    Integration framework - JSR-208</description>
      </identification>
      <target>
        <artifacts-zip>wsdl-first-jsr181-su-3.3.zip</artifacts-zip>
        <component-name>servicemix-jsr181</component-name>
      </target>
    </service-unit>
    <service-unit>
      <identification>
        <name>wsdl-first-http-su</name>
        <description>ServiceMix is an open source ESB based on the Java Business
    Integration framework - JSR-208</description>
      </identification>
      <target>
        <artifacts-zip>wsdl-first-http-su-3.3.zip</artifacts-zip>
        <component-name>servicemix-http</component-name>
      </target>
    </service-unit>
  </service-assembly>
</jbi>

これを見ると、二つのServiceUnitで構成されていることが分かる。

ひとつは、wsdl-first-jsr181-su という名前のServiceUnit。これは、wsdl-first-jsr181-su-3.3.zipというZIPファイルが本体だということが分かる。このファイルは、ServiceAssemblyのZIPの中の直下に存在する。

    <service-unit>
      <identification>
        <name>wsdl-first-jsr181-su</name>
        <description>ServiceMix is an open source ESB based on the Java Business Integration framework - JSR-208</description>
      </identification>
      <target>
        <artifacts-zip>wsdl-first-jsr181-su-3.3.zip</artifacts-zip>
        <component-name>servicemix-jsr181</component-name>
      </target>
    </service-unit>

二つ目は、wsdl-first-http-su というServiceUnit。wsdl-first-http-su-3.3.zipというZipファイルが本体で、やはりSeriviceAssemblyのZIPの直下に存在する。

    <service-unit>
      <identification>
        <name>wsdl-first-http-su</name>
        <description>ServiceMix is an open source ESB based on the Java Business Integration framework - JSR-208</description>
      </identification>
      <target>
        <artifacts-zip>wsdl-first-http-su-3.3.zip</artifacts-zip>
        <component-name>servicemix-http</component-name>
      </target>
    </service-unit>

ここで、JSR-181やら、JSR-208とあるのは、単純なプログラムをWEBサービスとして公開するための規約のようなものらしい。JSR-181に従ってるんで、それでWEBサービス化しちゃっていいですよ、と宣言している状態で、これによって各製品はプログラムをWEBサービスとして公開してくれるみたい。


JSR-181の参考サイト

Java Web サービスのデプロイ
JSR-181 第三章の勉強 - 酒気帯びプログラミング
JSR-181とJAX-WS - 開発メモ - livedoor Wiki(ウィキ)


JSR-208は、JBIの仕様を指す。

JSR208: Java Business Integration (JBI) - 昼間のメモ


つまり、二つのServiceUnitのうち、wsdl-first-jsr181-suはJBIとして定義されているServiceUnitで、wsdl-first-http-suはそれをHttpで公開するためのServiceUnitということになる。


次からは、これらのServiceUnitや、ServiceAssemblyをどう作るのかを見ていく。